1. TOP
  2. 無償でお金くれる人
  3. 無償でお金くれる人に支援してもらった。あるサイトで1000万円くれるという女性を見つけ・・・

無償でお金くれる人に支援してもらった。あるサイトで1000万円くれるという女性を見つけ・・・

利息なしのある時払いで、誰かお金を貸してくれないだろうか・・・?

本音を言えば、無償でお金をくれる人はいないだろうか・・・?

お金に困っている時って誰もがこんなことを考えてしまうのではないでしょうか。

ネット上には、お金を借りたい人と貸したい人がやり取りできる個人間融資掲示板がありますが、危険はないのかどうかも気になるところ。

この記事では、ネットに出回っている「無償でお金をくれる人」は本当に存在するのかどうかを調査してみました。

無償でお金くれる人は存在するのか?

調査のためYahoo知恵袋を見ていると驚きの質問と回答を見つけました。

その内容はというと・・・

・あるサイトで1000万円くれるという人を見つけた

・その人の名前は「清美さん」

・貸し借りではなくて無償でお金をくれると言っている

投稿者さんはあとでトラブルにならないかどうかが心配で質問したとのことでしたが、この質問には以下のような回答が寄せられていました。

A:3000万円支援してもらいました

・清美さんに3000万円支援してもらった

・トラブルが心配だったので振込確認後に使った口座は解約した

・結論としては現在まで何のトラブルもない

この回答者さんは質問者さんと同じ相手とネット上で知り合い、数千万円という大金をもらったと書き込んでいますが・・・

清美さんというお金をあげたい富裕層の女性が本当に存在するかどうかは別としても、さすがにこれはちょっと話が出来すぎていますよね。

個人間融資掲示板でお金がもらえる?

ネットで検索するといくつもヒットする「個人間融資掲示板」をご存知でしょうか。

この掲示板では、お金を借りたい人と貸したい人が個人的にやり取りできるようになっています。

スポンサードリンク

「借りたい掲示板」と呼ばれているところには、お金に困っている人が必要な金額や条件などを書き込めるようになっています。

ここに自分のメールアドレスを記載しておき、お金を貸してくれる人からメールが届くのを待つのが一般的なスタイルです。

また、「お金あげます掲示板」では、数万円~数十万円まで支援しますといった、一見親身になって相談を聞いてくれそうな内容が書き込まれています。

全く見ず知らずの他人にお金をあげたい理由としては、「自分も以前助けてもらって今がある」「困っている人の力になりたい」と書かれていますが・・・

銀行口座などの個人情報を書き込むと危険!

実際に個人間融資掲示板のいくつかに書き込みをしてみましたが、こちらが期待するようなまともな回答をしてくれる人は見つかりませんでした。

また、危険だなと思ったのは、とにかく早く連絡が欲しくて、自分の「名前」や「携帯電話番号」といった個人情報をネットに書き込むことです。

中には、口座情報の開示を求められ書き込んでいる人も見受けられましたが・・・

探偵など特定の機関に依頼すれば、銀行口座から口座所有者の住所を特定することは可能です。

また、押し貸しという闇金から勝手にお金が振り込まれてしますなどのトラブルもあるようです。

そのときはお金を借りられてラッキーと思うかもしれませんが、この時点ですでに住所はもちろんのこと勤務先や家族構成までバレているので、後々法外な金利を請求されてしまいます。

もしかしら本当に無償でお金をくれる人もいるかもしれません。

ですが、多くの人の目に触れるネット上で個人情報を公開すると危険が伴うということも覚えておいてくださいね。